俺が俺である理由

結婚して3ヶ月で不倫されて離婚した無職のイケメンが世の中のバカやクズを好き勝手ディスりあげながら人生について考えていくブログ。アニメやゲームなど好きなジャンルについても随時語ります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

そろそろタピオカブームも終わりだよなって話

どうも、ジスさんです。

 

新しいブログですが、現在レイアウト等で苦戦しており未だに公開できない状態になっています。

できれば来週中には公開できればなぁと思ってますがどうだろうなぁ。

 

内容的には今と全く変わらない内容でいつもどおり言いたい事をズバズバ言うスタイルなので、そこはご心配なく(誰も心配してない)

 

一応序盤は現在のこのブログで過去投稿したものをリメイクして投稿するだけなので、まぁ序盤は懐かしい記事でも今一度お読みくださいね。

 

 

さて、今回のテーマはそろそろタピオカブームも終わりだよなって話。

という事で早速書いていきましょう。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

最近各所でブームになっているタピオカドリンク。

俺もタピオカは結構昔飲んでて、なぜ今更って思うのはまぁ別の話で。

流行は常に繰り返す。

 

ちょっと話がズレるんですが、洋服や食べ物は流行を繰り返すのに、アニメ業界やゲーム業界は流行を繰り返す事ってあまりないんですよね。

 

常に新しい物を作り上げるという印象です。

 

昔のゲームもたまに流行ると言う人もいるかもしれないですが、昔のゲームをリメイクして発売してるだけなので流行とは違う。

 

不思議ですよね。

原因はわからないですが、衣食住という生活の基本の事は常に流行があるような気がしますよね。

 

 

まぁそれは置いといて。

 

中国で消化されてないタピオカが100個以上体内で見つかるとか正気の沙汰じゃない。

5日前に一杯だけ飲んでこうなるわけがない。

 

仮にそうならタピオカというか、この女の身体の別の場所がおかしいって話で。

 

タピオカって炭水化物でしたよね?たしか。

それが未消化ってどんだけ食ったんだよって話ですよね。

 

ここまでいくとタピオカ好きな可愛い女子ではなく、もはや中毒。

 

まぁ取りすぎには注意しましょうって話なんですが。

 

 

でタイトルの話ですが、そろそろタピオカブームも終わりだよなって思いますよね。

まぁもうちょっとは続くと思うけど。

 

だいたいブームが終わる時って飽きるかこういう事故が起きた時に一気にブーム終了する時が多いですよね。

持って2、3年かなってかんじです。

 

流行ってのは必ず終わりがきますよね。

もちろん流行が過ぎた後でも飲み続ける真のタピオカ好きも一定数いると思いますが、そういう人は多分ブームが来る前から飲んでいるような気がします。

 

流行に流されない人は俺は大好きです。

逆にブームにすぐのっかるミーハー野郎はヘドが出るほど嫌い。

 

で、タピオカの次は何が流行るかってのを先取りした人が勝つんですよね。

流行してからタピオカ専門店をオープンしても遅いわけですよ。今は売り上げすごいかもしれないけどブームが終わったら売り上げは減るのは目に見えてるわけで。

 

経営者ってのは常に時代を先取りしないといけないんですよ。

先駆者有利ってやつです。

 

たとえばユーチューバーを例にしても土台が完璧に出来上がってる状態のユーチューバー業界。

今から参入してもよっぽど何か光るものがないと基本遅いわけです。

 

まぁ何が流行るかわかんないので、今からでもやりたい人はやらないよりはやったほうがいいとは思う。

 

ユーチューバーというものも、流行とは違うけど数年後には廃れていくんじゃないかな。

基本的に流行ると規制が厳しくなったりする。ユーチューブなんかも規制が厳しくなったとかなんとか。

規制が入ると人口が離れていくんですよね。それが廃れの原因になったりもします。

 

大事なのは常に時代を先取りする事。

 

しかし正直何が当たるかわからないから、まずは挑戦してみる事が大事だと思います。

というか経営者は全員そんなのとっくに理解しててタピオカの次に何が流行るか予想して動いてると思うけどね。当たり前だけど。

大手ユーチューバーとかも会社経営したりしてるし。

 

 

まぁタピオカの次は何が流行るかなとか予想しちゃいますよね。

流行に敏感なのは基本的に頭の弱いバカ女なので、バカ女が好みそうなものですよ。

バカから金をむしりとるのが商売の基本。

 

普通にまたナタデココとか流行るかもしれないですよね。

あれ美味しいし。

 

俺ここまでヒント出しましたからね。

あとは皆さんが時代先取りして金をむしりとる番です。

 

ではまた。

 

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!

 

バカッターと言われるやつらはなぜ動画に撮ってそれを晒すのかって話

どうも、ジスさんです。

 

さっきドラえもん見てたんですが、今日のドラえもんめちゃくちゃ面白かったです。

久々にドラえもんで爆笑していまいました。

 

 

さて、今回のテーマはバカッターと言われるやつらはなぜ動画に撮ってそれを晒すのかって話。

ということで早速書いていきましょう。

 

www.jiji.com

 

まずはこちらの記事をご覧いただきたい。

 

福岡県でマンションの受水槽内で作業員3人が泳いでいる動画が公開されて炎上したという話。

メディアなんかでも取り上げられていましたね。

 

 

一言で言えばバカッターというやつですよね。

これを投稿した場所がツイッターかどうかは知らんけど。

 

 

バカッターという言葉。

ちょっと前に流行りましたが、正直今でもめちゃくちゃ多いです。

 

ちょうどまとめていた記事があるのでこちらをご覧いただければ。

neetola.com

 

ここからまとめ。

 

 

なぜ動画を撮ってアップしてしまうのか。

 

いや、もう本当これが理解できない。

 

大前提としてこれをネット上に拡散する事で、どうなるかってのを理解していない。

ネットの恐ろしさを全く理解していない、というのがあるよね。

 

 

これはネットの普及による弊害ですよね。

 

このご時世、ネット上で自分の顔晒すなんて普通の時代じゃないですか。

よくブスが自撮りあげてたりするじゃないですか。

 

ネットの怖さを理解していないんですよね。

 

俺がガキの頃ってのはネットに顔が晒されたら人生終わり。くらいのかんじでしたけどね。まぁそれは時代の流れだからしゃあないとして。

 

しかし、ネットがここまで誰しもが普通に使う時代です。

昔は某有名掲示板でネタで拡散してみんなでゲラゲラ笑う時代でしたが、それがもう老若男女問わず誰でもすぐに見れる状態だという事です。

 

例えば今俺がここで顔面晒したとします。

そしたら、あまりにもイケメンなのですぐにネットで拡散され各タレント事務所から速攻オファーが来る危険性もあるわけです。よっしゃ俺も顔晒そ。

 

 

まぁそれは置いといて、ネットでの拡散するスピードってのは尋常じゃないくらいという事を今一度理解すべきです。

 

どう考えてもヤバいでしょって動画をネットにアップしちゃうバカは多分身内に見せるつもりでアップしちゃうんでしょうけど、誰が見てるかわからないという事を理解していないんですよ。

だからまぁバカなんだろうけど。

 

バカはネットを使うな。とはまさにこの事。

 

 

正直な話すると、こういう犯罪はネットがない時代でももちろんあったと思うんですよ。

でも極論それをネットにアップしなければ基本的にはわからない話じゃないですか。

 

受水槽で泳いだけど動画はアップしてないとします。

その場合マンションの住人が身体に異常を訴えた場合は、調査が入って結局バレるんでしょうけど、住人が何も訴えなければなかった事になるでしょ。

 

 

もっとわかりやすく言うとですよ。

 

俺が牛丼屋で牛丼を頼んだとします。

店員が床にこぼした肉をそのまま牛丼に乗せて、俺に提供したとします。

それを俺が食って身体に何か起これば調査が入るとは思いますが、何も起こらないとします。

 

その場合俺は普通に、あー牛丼おいしかった。と店を出るでしょう。

 

床にこぼした牛丼を提供した。

という事実は実質闇に消えるわけです。

まぁ道徳的に考えて普通やらねえだろうけど。

 

 

お店から提供されたものは問題のないもの。

 

という事を俺たち消費者は、当たり前のように思い込んで普段生活しています。

心理学の世界でもそういうのあるんだけど名前忘れた。

 

 

わかりやすく言うと、外食しようとレストラン行って提供されたメニューがこれひょっとしたら厨房で落としたものかもしれない。実は賞味期限が過ぎてるかもしれない。って思いながら食べる人なんていないじゃないですか。

 

逆にレストランのシェフが、すみませーん実はこれ床に落としちゃったものなんですよー。なんて言いながらテーブルに持ってきたりしないじゃないですか。

 

 

人間は常にこれは安心だ、と思い込んで食しているんですよね。

もちろん食だけでないです。なんにでも言えます。

 

基本言わなきゃわかんねえんだから。

 

もしかしたら皆さんが今日昼に食べた牛丼が床に落ちたものかもしれない。

でもそんなもの基本はわからない。

仮にそうだとしてもそんな事考えながら食べる人はいない。

いたら相当人生疲れると思う。

 

 

で、なんでそんな言わなきゃわからない事を、あぁいうバカッターと言われるクズどもは、ネットにアップし自ら自分の首を締めにいくのか。

今回の受水槽で泳いだバカもネットにアップしなければ、受水槽の中で泳ごうがションベンしてようが何もなかったのかもしれないのに。

 

本当に理解できない。

 

このネット時代に新たに発見された自己表現の方法なのか。

いや、ネットの恐ろしさを理解していないタダのバカですね。(結論)

まぁネット以前にこんな事やる時点で人間として終わってるけどね。

 

 

 

ではまた。

 

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!

 

失敗する事は大事だが過去は二度と戻ってこないという話

どうも、ジスさんです。

 

新しいブログ制作中なんですが、HTMLやらCSSを昔勉強していたのはいいがすっかり忘れている俺です。

Webクリエイター能力認定試験という資格を5年ほど前に取得したはいいが、これでは鼻で笑われそう。

 

 

さて、今回のテーマは失敗する事は大事だが過去は二度と戻ってこないという話。

ということで早速書いていきましょう。

 

俺は過去の記事で何度か失敗する事は大事だという事を言い続けています。

 

人間は失敗から数多くの事を学びます。

そして失敗を繰り返す事で、その人間が形成されていきます。

 

俺も数多くの失敗を繰り返してきました。

その失敗が繰り返されて今の俺というひねくれ者が生まれたと言っても過言ではない、という話は置いといて。

 

失敗をすると、誰か他人に怒られる事になります。

これがとても大事。怒られてから気づく事はとても多いです。

その時は怒られている事にイライラしてしまう事もありますが、ふと時間を置いて考えると怒られるという事で自分が次すべき行動を見つめ直す機会になります。

 

次は失敗しないように最善の策を考え行動するようになります。

これが失敗から学ぶメカニズム。

 

失敗して怒られた場合、なぜ失敗して怒られているかを考える事が大切です。まぁ当たり前ですが。

考える事です。

それが間違っていたとしたらまた怒られますが、その都度考えればいい。

 

その繰り返し考えるという事が大事です。

 

その考える事に至るまでには、当然怒ってくれる相手がいるわけです。

 

人間が成長していく上で怒られなくなると終わりです。

人間は怒られないと楽という感情を持ちます。好きな事を好きなだけできますからね。

 

怒られなくなると堕落していく事はよくあるケースです。

 

その相手をとても大切に思う、期待しているからこそ怒るのです。

 

 

ちなみに自分の話をすると、俺は前の会社や、その前の会社などで部下などに対して仕事上で怒る、という感情はあまり出さない人間でした。

 

部下が仮に失敗しても、

 

俺がやっておくから大丈夫ですよ。次は気をつけてくださいね。

 

みたいなかんじで笑顔で返していました。

 

これはそのアルバイトの人からすると、優しい先輩だ。と思うでしょうが全く逆です。

 

別に俺はアルバイトに好かれたいわけでもないし優しい人間でもないです。

 

俺は他人に任せるのが面倒な人間でした。

何も知らない人がやるより知ってる俺がやった方が効率がいい。という感情からの行動です。

 

その笑顔は半分作り物。

俺がやったほうが早いからお前はなんか別の作業やっててね。という気持ちの現れ。

 

まぁ残りの半分は俺が元々持っている穏やかな性格。というところです。

これを前の会社の上司に面談で全部見破られた時はこの人すげえなあって思いましたけどね。

 

 

これでは会社においてその部下は成長しません。

作業効率などは時間とともにもちろん成長はしていきますが、人間性が成長しない。という事です。

 

俺の過去の失敗のひとつですね。これは。

しかし持った性格というのはなかなか変わらないものです。それを打破できるかどうかが今後の人生に割と関係してくるんだと思いますよ。

 

 

怒る事は嫌いだから怒っているわけではない。

成長してほしい、育ってほしいから怒っている。

 

という事を忘れてはいけません。

子どもの頃いたずらして親に怒られた時に、嫌いだから怒ってるわけではないんだってのが成長とともにわかるでしょ。誠実な子どもに育ってほしいから怒るのです。それと一緒。会社でもプライベートの生活でも一緒。

 

逆に考えると怒られなくなったら終わり。という事。

人間としてね。怒ってくれる人がいるうちはまだ大丈夫。なはず。

 

 

ちなみに誰しも関わらず、ただいつも怒っている人が八つ当たりかのようにキレているのは論外です。

そういう人はあまりいないですが、そういう人の言葉に耳を貸す必要はありません。

 

 

 

で、ここでタイトルの話。

ここまでは、失敗する事と失敗して怒ってくれる人の話をしてきました。

 

たしかに失敗する事は大事ですが、その失敗したという事実はもう消える事はないのです。

 

たとえば算数のテストで0点をとってしまったとします。

0点をとってしまった失敗を機会に、必死に勉強をして次のテストで100点をとったとします。

 

これは失敗から学んだ成功です。

しかしその前のテストで0点をとったという過去はもう戻りません。当たり前の話ですがね。

 

 

何が言いたいかというと、失敗を機に100点をとり成功したけどそれで有頂天になるなよって話。

 

人間有頂天になった時が一番醜い。

 

テストで100点とったら、そこで満足せず次のテストでも100点をとれるようにずっと勉強していかないと駄目だよって話。

今は算数のテストを例にしましたが、こういう事は日常生活のさまざまな場面で言う事ができます。

 

人間は常に成長を追い求めないといけないと思うのです。

成長を追い求めないなら、ただ老いていくだけですからね。

 

実際これは俺自身にも言える事なんですけどね。

俺は安定を求める人間なので、ある程度安定すると先に進まない人間なので。

 

それでもいいという人もいるかもしれないですが、やっぱり成長していく事こそが脳を持った人間ができる正しい行動だと思うのです。

 

って話。

おしまい。

 

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!

 

 

俺がSNSに向いてないなって思った話

どうも、ジスさんです。

 

最近また心理学の本をちょいちょい読んでいます。

心理学に興味のある人は結構多いみたいですが、心理学は意外に幅広いです。

中には、これも心理学なのかって思う事も結構あります。

皆さんが日頃抱いてる疑問や考えも実は心理学によって管理されているカテゴリなのかもしれませんよ。

 

 

さて、今回のテーマは俺がSNSに向いてないなって思った話。

という事で早速書いていきましょう。

 

 

まずSNSとは。

ソーシャルネットワーキングサービスの略称です。

定義としては人と人がネットを通じてコミュニケーションができるもの。みたいな感じです。

有名なもので言うならLINE、ツイッター、インスタグラム、Facebookがありますね。

 

海外では圧倒的にFacebookが主流らしいですが、日本人は元来本名を名乗らずコミュニケーションを取りたがる人種です。

ちょっと前にテレビで見たけど坂本龍馬もあれ本名じゃないんですってね。

日本史全然わかんないんでこの前初めて知ったわ。

 

と、まぁこういう理由から日本ではツイッターが主流のようです。

 

本題

 

俺はSNSと言われるものはLINEとツイッターくらいしか利用していません。

で、ツイッターを見てるとものすごくストレスになる事にふと気づきました。

 

SNS疲れ、という言葉をご存知だろうか。

ちょっと前にメディアで取り上げられていたので言葉くらいは知ってるんじゃないだろうか。

 

SNSで人と交流する事を最初は楽しんでいたが、だんだん疲れてくる。

インスタ映え、という言葉が流行しましたが、インスタで映える写真を撮って載せる事に疲れる。

SNSに自撮りを載せる事で反応を貰い有頂天になったはいいが、脅迫のような内容がきたせいで病んでしまう。

SNSで他人と自分を比べてしまい劣等感に陥り病んでしまう。

 

といった内容のようです。

現代病ってやつですかね。

 

で、パターンは違いますが俺ももしかしてSNS疲れなのかな。とか思っちゃったわけですよ。

 

基本的に俺は他人に興味がないので、他人が何してようがどうでもいい人間です。と言ってました。

言ってましたし、本当にそう思っていました。

 

しかし俺の過去の記事を見るとブスの自撮りについてディスってたり、SNSでマウントとるバカ女をディスってたりしてたと思います。

 

 

ディスってる時点でSNS疲れの予兆だったのではないか。

と思ったわけです。

 

他人に興味がないと言いつつもバカな女やクズ女をディスる事は大好きなので、逆を言えば実は俺ほど他人に興味がある人間なんていないんじゃなかろうか、と。

 

 

この時、なんだか自分がよくわからなくなりました。

 

一言で言うなら、俺は他人を見下したくてしょうがない人間なのです。

自分が世界で一番偉い。俺の言ってる事は全て正しいと思ってる人間なのです。

 

 

基本的に人間は皆そういう考えを持っているのですが、俺は人一倍その気が強いと思ってはいました。

しかし、その事をまさかSNSごときに今一度再認識させられるとは。

 

 

その瞬間なんだかSNSという空間がバカらしくなりました。

 

 

というのも、昨日ツイッター上ではスクエニFF7のリメイク、FF8のリマスター版の発売が話題になっていました。

 

俺自身もFFシリーズの過去作は大好きです。

FF8だけはちょっと自分に合わず途中で投げだしちゃったんですが、他のFFシリーズは全シリーズプレイしています。

 

中でもFF2、FF5FF6FF7はどれも完成度が素晴らしくストーリーも面白い。俺がプレイしたRPGゲームの中でもベスト30には入るのではなかろうかと思うくらい好きです。

 

しかし前にも書いていますが、俺には元嫁にFF14内で出会った男と不倫され、人生の地獄を一度味わった。という過去があります。

 

その時からずっとFFは悪という気持ちを常に持ち続けています。

大好きなFFシリーズを悪だと思ってしまうこの言葉では言い表せない悲しさは味わった人にしかわからないです。

 

で、俺はツイッター上でFF7のリメイクで騒いでるフォロワーたちを見て、率直に言うならうぜぇって思っちゃったわけですよ。こちとらFF内で不倫されてるのお前ら知ってるだろ。ちょっとは遠慮しろよみたいな。

その他にも、フォロワーの仕事終わったというツイートでもめちゃくちゃイライラしてしまう時があります。こちとら仕事したくても決まらねえわけだし。

どんなに仲のよいフォロワーであろうとイライラしてしまう時があります。

 

普段なら軽く流せるんですが、こういうメンタルの時に割とマジでイライラしちゃうんですよね。

 

もちろんこれは悪いのは”俺”だけです。

人間には発言の自由というものがあるし、SNSの使い方は人それぞれ自由です。

好きな事をつぶやきたい時につぶやけばいいのです。

 

それを俺が勝手に見て一人でイライラしてるだけなのです。

 

俺自身、自分がクソ人間なのはもちろん理解しています。

元々そんなにメンタルが強い人間ではないってのは理解してたし、素晴らしい人間ではないです。

 

 

で、まぁその時SNSは俺には向いてないなって思ったわけです。

 

 

多分俺が他人に興味がないってのは本当です。

自分は自分、他人は他人という考えは常に俺の思考の先頭を走っています。

 

ただ他人に興味がないゆえに、自分の事を第一に考えてしまう。

つまり周りのやつらを見て、違う意見のやつを見たとしたら、イライラして反発。壮絶なディスりが始まる。理で詰める。

が始まるわけです。

うみねこのなく頃に風に言うなら、チェス盤をひっくり返して考えるなら、それは他人を気にかけているという事。

しかしツイッターを見て他人にイライラして、そこまでして他人を気にかける必要があるのか。いや、ないだろう。

 

ならばツイッターを開かなければいい。

見なければ、ストレスを感じる事はない。

 

 

俺は俺らしく、ブログで自分の言いたい事を好き勝手書いていこう。

俺の考え、思考についてきてくれる人がいればそれはいい事だ。

例え賛同者がいないとしても書き続けよう。訴え続けよう。

 

と思ったわけです。

 

まぁ長く書いたけどまとめるなら、知らない間に俺もSNS疲れというものを感じていたのだろうな。って事。

俺みたいな考えの人間は絶対にSNS向いてないよ。

 

多分俺みたいな状況になった人って少なくないんじゃないですかね。

 

だって他人に興味ない俺でもSNS疲れというものを感じたんだから。

ネット上でマウント取りまくったりブスの自撮りあげてるやつなんかもっとSNS疲れ感じてるんじゃないんですかね。

 

ほら、逆に言えば俺とお前らはSNS疲れ仲間だよ。

同族嫌悪だよ。仲良くしようぜおい。

俺は今後もクズ女をディスるけどね。

 

 

ツイッターなんですが、俺はプライベート垢とブログ用の垢の2つを所持しています。

ブログ用の垢は今後も普通に続けていこうかと思います。

アクセス解析を見てもツイッターから見に来てくださってる方が多いので更新のお知らせはしていきたいですね。

またツイッターはある一定の情報を集める際にはとても効率的に利用できますし。

 

プライベート垢は、特に見てもいい事はないので、基本開かないようにしてブログの更新をRTするのと、ポップンミュージックのリザルトを貼る垢としてだけ利用しようかなと思います。

 

 

今回このSNSについて考えた事で、あぁ俺もまだ普通の人間だなって思いましたね。

嬉しいやら悲しいやら、なんとも言えない複雑な心境。

 

ではまた。

 

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!

 

 

痴漢するやつがいなくならない限り冤罪もなくならないっていう話

どうも、ジスさんです。

 

この前まで6月になりました。とか思ってたらもう3分の1終わってるとか早すぎですね。

 

 

さて、今回の記事はこちら。

news.livedoor.com

 

目についたから触るとか小学生でもやりませんよ。

本当若いのにバカだなぁと。

あ、若いからバカなのか。

 

まぁ年齢関係ないんですがね。若かろうがジジイだろうがやるやつはやります。

俺は触るケツには困ってないくらいのイケメンなんでやった事はないですね。

 

 

で、今回思ったのがこういう事件が出ると、痴漢冤罪の話がだいたい出てきたりするんですよね。

 

今更説明するまでもないとは思いますが、痴漢冤罪とは痴漢してないのに痴漢したと扱われてしまう事。

わりと社会問題になっていると思います。

 

痴漢冤罪の問題点としては、基本的に女が

 

この人痴漢です。

 

と言えば例えやってないとしても警察などが、女側の味方になるとこ。

まぁ至極当然の話です。

 

警察は弱いものの味方。

痴漢の現場は誰も見てないわけで、女が痴漢と言ってしまえばそりゃ痴漢した側が悪くなるのは当然だと思います。

 

しかし、仮に痴漢してないのに犯人扱いされた場合はどうでしょう。

何もしてないのにいきなり犯人扱い。

会社や近所の人から白い目で見られ社会復帰できず結局自殺という話はよく聞きます。

 

 

中には金目当てで適当に男を犯人にさせ、示談金という事にして金を巻き上げる女もいるらしいですね。

 

すげえ胸糞悪い話です。

女嫌いな俺がさらに嫌いになりそう。

 

これが痴漢冤罪のやっかいなとこ。

電車やバスに乗っているだけで今日にも誰かが勝手に犯人扱いされ、地獄の人生が始まるかもしれない。

そのターゲットはもちろん俺かもしれないし、俺のブログを読んでくれているかもしれない。それはわからない。

誰しもが犯人にされてしまう可能性があるという事ですね。

 

 

まぁ当たり前の話なんですが、痴漢冤罪がある理由は、痴漢をするやつが実際にいるからです。

痴漢する男がこの世に存在しないとするなら、痴漢冤罪で金巻き上げようと試みた女が、

 

この人痴漢です。

 

と言ったところで、痴漢する男が存在しないという概念の世界なら冤罪だとみんな思うはずです。

 

しかし残念ながらこの世界には、今回のニュース記事のように痴漢する男が実際に存在するのです。

 

痴漢がなくならない限り痴漢冤罪はなくならないです。

 

少し厳しい言い方をするようですが、痴漢冤罪で人生台無しになって自殺する人はもちろん可哀想だとは思います。胸糞悪いです。

しかし痴漢冤罪がある背景には、実際に痴漢され不快な思いをした女が存在するという事を忘れちゃいけないです。

しかも痴漢があるから冤罪があるわけで、痴漢が最初って事は悪いのは俺たち男側な気がするんですよね。

 

男と女の戦争と例えるなら、この件に関しては確実に男が負ける。

漢人口と冤罪人口なら痴漢人口の方が絶対多いだろうし。

基本的に男に比べ女は力が弱いです。

そこにつけこんだ痴漢もあると思うんですよ。

 

まぁイタチごっこですよね。

痴漢が増えれば冤罪も増えるし、冤罪が増えて警戒されだしたらまた痴漢がちょいちょい出てくると思うし。

 

まぁ完全に個人的意見言わせてもらえば、男もケツ触りたいなら風俗でも行けやカスと思うし、女もケツ触られたくらいでギャーギャー騒ぐなカスって思うけどね。

 

 

痴漢も冤罪も現状では絶対になくなる事はないです。

男にも女にもアホはいるので、痴漢するやつはするし冤罪で金儲けする人もいると思います。

 

痴漢件数を減らしたいなら、もう公共交通機関を男女完璧にわけるとかしないと無理ですよ。

俺は男性専用車両マジで作ってほしいですけどね。近くに女いるとくせーしうぜーし。

 

ではまた。

 

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!

 

ギャンブル依存症についての話

どうも、ジスさんです。

 

ふと思うと夏服がほとんどない事に気づいた俺です。

裸で外を出歩ける法律、そろそろお願いしてもいいですかね?

 

 

さて、今回のテーマはギャンブル依存症についての話

ということで早速書いていきましょう。

 

まぁ俺のブログを平素から読んでくださってる方はご存知かと思いますが、俺は元神聖のスロッカスでした。

 

寝ても覚めてもスロットの事しか考えてない時期がありました。本当借金しなかったのが考えられないくらい。

 

今回は俺の実体験を交えながらパチンカススロッカスについて書いていきます。

 

この記事は別にパチンカススロッカスを辞めろというものではないです。

自分の人生なんでやりたい事をやるのが一番です。どうなろうが俺も周りの人もどうでもいい事ですし。

 

パチンカススロッカスになる過程

 

大きくわけて2種類にわけられると思ってます。

 

・ふらっと立ち寄って、もしくは友人、彼氏に連れられてたまたま打ってみたら大勝ち。

・ネットなどの動画を見て面白そうという理由。

 

前者はよくあるパターンというかちょっと前まではこのパターンしかなかったです。

ただ、最近はYoutubeなどで人気のYoutuberたちもスロットの動画をあげてたりして、その影響で始める人も多いんだとか。すごい時代です。

 

だいたい始めてのパチンコスロットで勝ってしまったら最後。

次も勝てるかも。という心理が働き、ハマる。

そして抜け出せなくなる。

 

 

パチンカススロッカスになりやすい人の心理

 

基本的に孤独を感じている人が多いです。

ストレス発散目的のひとつとしてする人もいます。

 

そして依存しやすい人。

しかし依存しやすい人。というのは間違いです。

 

前の記事でも書いていますが、パチンコスロットというものは依存するようなシステムになっています。

 

逆を言えば誰でもギャンブル依存症になる可能性があるという事。

 

 

パチンコスロットはなぜ依存するのか

 

ここからが本題です。

パチンコスロットというのは基本的にハマるようにできています。

人間の心理をうまい具合に突いています。

 

人間は”快感”というものを誰しも感じますよね。

快感の感じ方というのは人それぞれですよね。

 

めちゃくちゃ美味いものを食べたり、寝たり、オナニーしたり、セックスしたり。

と、楽しい事をすると人間は快感を感じますよね。

 

パチンコスロットで当たった時というのは、その快感物質が異常なほど放出されます。

快感物質の正式名称はドーパミンと呼ばれるものです。

 

ドーパミンは学習意欲をコントロールする神経として有名ですが、快感をコントロールする神経でもあります。

 

パチンコスロットで当たった時に放出されるドーパミンは異常なほど多いらしく、薬物を使用している時くらいの量が放出されるらしい。

俺は薬物は使った事ないから知らないけど。

 

まぁ仮に薬物使用した時と同じくらいのドーパミンが放出されるならどれほど強力なものか、というのがパチンコスロットやらない人でもわかるんじゃないですかね。

 

そんな大量ドーパミン放出スポットが、街歩いたら至る所にあるんだから。

ハマるのもしょうがない。

 

 

パチンコ店というのは夜でも大量の光量で人間をおもてなししています。

テーマパーク、遊園地のような見た目。

 

なんだか楽しそうな雰囲気です。

 

ふらっと入って打ってみて、当たってしまったら最後。

依存症への第一歩を踏み出すことでしょう。

 

 

また、パチンコスロットは基本的にいつ当たるかわかりません。

1万円負けてしまった。でももしかしたらあと1万使えば当たるかも。という謎の心理が働きます。

結局はだいたい当たらず2万円負ける事になるのですが、依存している人間はなぜか次は当たるだろうという根拠のない自信があり、追加投資してしまうんですよ。

 

 

長期的に見ると負けるようになっているという仕組みを理解する

 

前の記事でも書いていますが、パチンコスロットというのは長期的に見ると負けるようにできています。一般的な遊戯人口の平均の結果という所ね。

 

当たり前の話ですが、パチンコ屋は一般市民に娯楽を提供する優しい団体ではありません。

依存症患者から如何にして金を奪い取るか。これが全てです。

当たり前です。商売なんだから。

長者番付ランキングを見てもわかるとおりパチンコ業界は長者番付に複数ランクインしており、その結果からも依存者は多いという事がわかりますね。

 

 

ただ、スロットには勝てる方法もあります。

 

スロットをやらない人にはちょっと難しい話かもしれないですが、スロットには天井機能というものがあります。(台によってはないものもあります。)

 

天井というのは、この回転数まで回せば必ず当たります。というなかなか当たりが引けない人への救済機能みたいなもんです。

だいたいのお店にはスロット各台にデータカウンターというものがあり、現在のゲーム数を教えてくれます。

 

800回回せば天井に突入する台があったとして、790回転で辞められてる台があったとしたら、あと10回回せば必ず当たるという事。

そういう台(専門的に言うと期待値回収できる台)が空くのをひたすら待ち、空いたら座って当たったらすぐ辞めるを繰り返せば勝てます。

 

たしかに勝てますが、実際はそんな台空いてる事はめったにないです。

空いてたとしても、そんなのを探すのは効率が悪すぎます。

 

まだ日雇いのバイトをした方が効率がいいです。

 

つまりやるだけ無駄だと俺は思いますよ。

パチンコ屋に入って座った時点で負けですよ。って事です。

 

 

パチンコスロット依存症を克服するには

 

毎回俺が依存症を克服するためには、で書いてる事と同じです。

 

自分が辞めたいと思う事しかないです。

周りがいくら声をかけようが、自分が辞める気がないなら他人に何を言われようがやります。

 

自分が辞めたいと思ってからようやく克服するには。がスタートです。

 

まずは情報を目に入れない事。

タバコを吸いに行くだけ。とパチンコ屋に入るのも辞めたほうがいいですよ。

 

大音量と光量であの頃の気持ちが蘇る可能性は大です。

 

あとこれはギャンブル依存だけの話じゃないですが、自分でどうにかするしかないです。いつも誰かが助けてくれるとか、そんな甘い世界ではないです。

 

 

まとめです。

 

これまで記事でたくさんの依存症について書いてきましたね。

世の中にはたくさんの依存症がありますが、中でもギャンブルとオンラインゲームに関しては依存するようなシステムになっているので誰でも依存症になる可能性があるという事。

そこを気をつけて生活したほうが身のためです。

 

まぁギャンブル依存に関しては、俺も過去なってたので現在も苦しんでいる人は可哀想だなぁとは思うけど、オンラインゲーム依存症に関してはさっさと死んでほしいですけどね。

 

周りにもギャンブル依存症は結構多いので、身内でギャンブル依存症を克服したいと思ってる人がいるなら、本当に本人が治したいという意志があるなら側に寄り添ってあげてください。

 

 

おまけ

 

おまけは、どうでもいい俺の過去の思い出話。

俺は3年半前くらいまでスロッカスだったので、スロ歴19年になります。(ゲーセンも含めてね)

 

俺がスロット辞めた理由は2つで、パチンコ屋が勝つという仕組みをその時まで知らなかったというか現実を直視したくなかったという事、純粋に面白いと思う台がなくなったという事です。

 

自分がスロット始めた頃って、スロットブームの時期だったんですよね。

 

獣王とかアラジンAとかコンチ4XのAT時代の真っ只中で、それはそれは面白かったです。そこから長い事打ってたのでそこそこの台ならだいたいわかります。

 

今の台ってまぁ出玉感も低いってのもありますが、純粋にアニメのタイアップとか多いんですよね。

どうせそのアニメ知らないだろってジジババがそのアニメの台打ってるのすげえムカつくんですよね個人的に。

 

昔の台ってスロットオリジナルのキャラクターとかがメインだったしBGMも最高によかったしリール配列、フラッシュ等の演出ですごいわくわくしたものです。

時代の流れではありますが、俺はスロットはシンプルなものが好きですね。

 

というわけで最後に俺が好きな台ベスト5でも紹介して終わろうかな。

 

5位.グランシエル

 

1999年か2000年にアルゼが出した台。

マイナー台ではあるがめちゃくちゃ甘かった。本当甘かった。

通常時も常にBGMがかかってるのがやかましいけどそれも好き。

当時スロット初心者で目押しもかなり下手だったけど、リプレイハズシやボナ中の複合役も簡単でかなり打ち込んだ台。

JAC中の切ないかんじのBGMが最高。

 

www.youtube.com

 

4位.アラジンA

 

サミーが2002年に出した台。

スロットの一日の最大獲得枚数を記録している台。

とにかく荒かった台。

 

トータルだとかなり負けてるけど、アラチャンの曲を聞くためだけに必死に打ってた記憶があります。

アラチャン中の単チェでもう心臓バックバクになるってのは打ってた人ならわかるはず。END後のベットはかなり気合が入ります。

ちなみに俺はSAC400を引いた事が一度だけありますが、 SAC5000とか引いた事ある人は存在するのだろうか。

 

www.youtube.com

 

3位.ジェットセットラジオ

 

2003年にロデオが出した台。

 

原作のゲームが狂おしいほど好きだったってのもありますが、システムが前作の旋風の用心棒とほぼ一緒。という事で旋風の用心棒も結構打ってたので、原作好きの影響でめちゃくちゃ打ち散らかしてた台。

一応万枚経験あり。

 

でも人気なくて俺くらいしか打ってなかった印象。

正直この台の事を語るよりも、原作のゲームについて語りたい欲が高い。

アーカイブスで配信されてるからやった事ない人はやろうぜ。

 

一応BIG中の音楽とAT中の曲貼っとくね。正直ゲームでも聴けるからゲームやろう(大事な事なので)

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

2位.銀河英雄伝説

 

2009年にミズホが出した台。

唯一の5号機からのランクインで鬼のように打った台。

 

GSR中の7が揃いまくる瞬間はそれは脳汁ドバドバでした。

設定も比較的見抜きやすくてシステムがとにかく面白かった最高の台。

1188Gは何度見ても感動する。

 

現在はもう置いてる店はない模様。

近くに置いてたら悪いけどスロッカス復帰しそう。

 

当時好きすぎて無駄に解析の数値小数点以下まで全部覚えてました。

万枚経験は3回。

 

ちなみに銀英伝もアニメめちゃくちゃ面白いからみんなも見ようね。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

1位.コンチ4X

 

2001年にアルゼが出した台。

俺が初めて万枚出した機種でもある。

 

まずBIG中のBGM。特にノーマルBIG中のBGMが大好きです。

スロット史上でもトップを争うほどの曲です。

 

出玉性能も当時の凄さを物語るほど凄まじいものでした。

設定6の割が169%ってほんまかいなって思うけど、まぁ納得できる気がする。

設定6は本当すぐわかるんですよね。

 

まぁ今思えば狂ってたけど本当好きだったなぁ。

 

多分一番打った台だと思います。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

今は絶対無理だろうけど、この時代に戻ったらまたギャンブル依存症増えそう。

 

ではまた。

 

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!

 

 

山口県民がメロディを付けて口ずさむ曲を紹介してやろう

どうも、ジスさんです。

 

人は時に行く道を見失う。

俺なんかまさにそう。不倫され離婚し会社も辞め、就活もうまく行かず、何かを発信したいと始めたこのブログです。

 

しかしいつか突破口が開けると信じている。人間は何かに希望を見出し生活することは必須です。

俺のこの一見オナニー的な活動も何かの役に立つと信じている。

人間とはこんなもんです。

 

何が言いたいかと言うと何か新しい事をしたいという事。

特撮ドラマも撮りたいし、小説とかも書きたいし、とにかく行動する事が第一だと思います。

 

 

さて、今回のテーマは山口県民がメロディを付けて口ずさむ曲を紹介してやろう。

ということで早速書いていきましょう。

 

先日ツイッターで何かと話題になってた、関西人が何かとメロディにのせて口ずさむ曲というやつ。

今日のワイドナショーでも取り上げられてましたね。

 

ワイドナショーでは福岡県民がメロディを付けて口ずさむ曲も紹介されていましたが、山口県にもそういう曲はもちろんあります。

 

俺は生まれが山口県。大学の時に福岡に来たので、山口県に18年間。福岡県に11年住んでいます。

こういうご当地CMソングって地元民と話すと盛り上がったりするんですよ。

 

前、元会社の人らと麻雀してた時もこの話だけで朝まで麻雀打ってたし。

 

俺が山口県代表として紹介していこうと思います。

 

というわけで早速紹介していこう。

 

 

・まず山口県とは

まずここから紹介しないと山口県ってどこだよwwって言われそうなので一応ご紹介。

 

本州の一番右の県です。そうそこ。

ふぐが有名。俺を筆頭にクズが多い。

 

山口県出身の有名人は

 

・安部総理

・モー娘の道重さゆみ

西村知美

・ごめんやしておくれやしてごめんやしーの末成由美

 

など。

政治家が多いイメージ。

 

アニメ漫画関連で言えば、庵野秀明ダカーポシリーズでおなじみのたにはらなつきこれが私のご主人様まっつー桜通信遊人、あしたの雪之丞の七瀬葵GRANRODEO谷山紀章なんかも山口出身です。

 

あんまり書くと身バレしそうだけど、西村知美の実家と俺の祖父の家がめちゃくちゃ近所。

 

 

山口県民がメロディを付けて口ずさむ曲。

 

ここからが本題。

一個づつ紹介。

 

 

くだまつ健康パークのCM

www.youtube.com

 

山口県下松市にある健康パーク、くだまつ健康パークのCM。

特に朝方にものすごい勢いで放送されていた記憶がある。

 

そのため山口県民はまず聞いたら一瞬でわかります。

山口県民に、『く〜だま〜つ健康パ〜ク』って振ったらまず100%『トロン湯センタ〜』って返ってきますよ。

 

ちなみにこの曲はみんな知ってるのに、実際にくだまつ健康パークに行った事がある人はめちゃくちゃ少ない。

 

 

山口日産のCM

www.youtube.com

 

貼ってる動画の映像がツッコミどころ満載なのは置いといて、山口日産という山口にある自動車会社のCMです。

CMの最後の”やまぐちにっさん♪”の部分がキャッチーでこれも山口県民なら100%わかるレベルです。誰もが口ずさめる。

 

ちなみに原曲は、タイムファイブというグループが歌っているIT'S GOOD TIME HEART LAND”という曲なんですが、フルverを聴いても”やまぐちにっさん♪”と言わないのですっげえモヤモヤします。

 

 

豆子郎CM

www.youtube.com

 

山口県の銘菓、豆子郎のCMです。

俺は食った事ないけど。

これもやたらCMかかってるのでまず山口県民なら聴いたことある曲です。

 

この日本昔ばなしっぽい曲調がなんとも哀愁漂います。

 

 

はなっこりーの曲

www.youtube.com

 

このバックでかかってる曲です。

はなっこりーという山口県で生まれた野菜の曲。別にうまくはないんですが栄養素は高いらしい。

 

山口県のスーパーのはなっこりー売ってる場所に行けばでめちゃくちゃ流れてるので山口住みの主婦なんかは高確率で口ずさめます。

俺は母親の買い物に着いていった時なんかめちゃくちゃ聴いてたなぁ。

 

 

いかがでしたでしょうか。

山口県民にも、口ずさめる曲はいっぱいあります。

中でも、くだまつ健康パークと山口日産はほぼ全員知ってる県民歌みたいなとこあります。

小野田サンパークの曲探したけどなかった・・・。

山口県出身の人と会話する時なんかに役立ててください。

 

 

山口県以外でも流れるが、個人的に口ずさむ曲

 

番外編です。

俺がガキの頃よく行ってたショッピングモールなんかで流れててめちゃくちゃ口ずさめる曲をまとめてご紹介。

山口県以外にもあるけど山口県にもあった店のテーマソングってかんじですね。

 

 

ミスターマックスの店内曲

www.youtube.com

 

福岡県福岡市に本社があるミスターマックスの店内曲。

聖者の行進のアレンジですが、ノリノリで店内に入った瞬間からテンションがあがります。

 

 

・フジの店内曲

www.youtube.com

 

愛媛県に本社があるフジグループの店内曲。

山口県にもありました。

 

ハッピーショッピン!フージー!の部分も最高にいいですが、Bメロの”その手から”の部分の泣きメロコード進行(?)がたまりません。

 

 

ヤマダ電機の曲

www.youtube.com

 

俺の地元は田舎だったので電気屋といえばヤマダ電機でした。

俺がガキの頃は、ほぼ毎日ヤマダ電機で時間を潰したもんです。

 

この曲はやっぱりテンションあがるのでいいですね。

 

 

皆さんの地元にも必ずこういうつい口ずさんでしまう曲あると思います。

皆さんの地元の曲もぜひ聴いてみたいところ。

 

それではまた。

 

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!