俺が俺である理由

結婚して3ヶ月で不倫されて離婚した無職のイケメンが世の中のバカやクズを好き勝手ディスりあげながら人生について考えていくブログ。アニメやゲームなど好きなジャンルについても随時語ります。

↓新しいブログです。2019年8月以降こちらで更新していきます。↓
俺が俺である理由
↑新しいブログです。2019年8月以降こちらで更新していきます。↑

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

俺が超有名アイドル、神崎かおりとセックスした時の話

ども、ジスさんです。

 

未だに昨日のおジャ魔女イベントの熱が冷めないまま、今回の記事に望む事になりそうです。

 

今まで自分はあまり中の人(声優)に興味がなく、どちらかと言うと監督とか作監の話とかのが好きで、声優のトークイベントって数回しか言ったことなかったんですが、あぁやって参加するとやっぱいいものですよね。

おジャ魔女10数年ぶりに見直すまであるな・・・。

 

 

さて、今回のテーマは俺が超有名アイドル、神崎かおりとセックスした時の話

ということで、早速書いていきましょう。

 

本来はバカやクズをディスりちらす事でストレス発散+こんなクズがいるんだなぁという事を知ってもらい皆さんの生活に役立ててもらえるような記事を書きたいのですが、なぜか箸休めに書いている俺の過去の話のほうが人気があるというww

嬉しい事ですがね。

 

 

さて、今回は前回の”大魔王と呼ばれた話”から結構後の話になります。

 

今から4年半くらい前の話でしょうか。

 

前職の研修期間という事で、半年ほど俺は東京に住んでいました。

 

だいたい俺は基本的に外出するのが嫌いなので、東京に住んでいても寮と会社の往復でした。

休みの日も寮でエロゲしてるかアニメ見てるか、みたいな生活だったので福岡にいる時と何も変わりません。

 

だいたい職場があった秋葉原と寮の往復でした。

 

前の記事でも書きましたが、高校の時は憧れていた秋葉原

しかし、住めば都とはよく言ったもので、数ヶ月もすればただの秋葉原。になっていました。

 

 

暇な生活を送っていた時にツイッターである記事を見る事になります。

 

 

神崎さん、ついにデリヘル嬢へwwwww

 

 

は?嘘やろ?

と、当時の俺は思ったものです。

 

 

ところで、皆さんは”神崎かおり”をご存知でしょうか。

 

f:id:jis_cre:20190518120907j:plain

f:id:jis_cre:20190518120916j:plain

 

f:id:jis_cre:20190518120957j:plain

 

当時、ネットユーザーの間で話題になっていた、ブスで有名だったグラビアアイドルです。

決めゼリフは『イクの早すぎないですか???』

 

ソフマップの撮影会で、2枚目に貼った振り向いた写真が”逆奇跡の1枚”と話題になり一躍有名人に。

 

グラビアアイドルを経て、着エロ、AV女優と順調にアンダーグラウンドの道へと足を踏み込んでいき、本人も言ってますが、数々の伝説を作ってきた最強のグラビアアイドルです。

 

現在はキャバクラをどっかでやってるらしい。

 

神崎さん、Youtubeの新しい動画まだですか?

 

神崎さんの事を詳しく知りたい方は調べてみてください。

 

俺も今この画像貼りながら、すでに吐き気を堪えきれません。

 

 

なんと、その神崎さんがデリヘルデビューしたというのです。

まぁ現役AV女優が風俗ってのも、よく聞く話ではあるので珍しくはないなぁとか思ってました。

 

俺はこの時、イクしかないと思いました。

当時俺はブログはやっておらず、ツイッターのみだったので、一応ツイッターでネットの俺のフォロワーたちに確認。

 

 

俺:神崎さんデリヘルデビューしたらしいけど今俺東京いるじゃん。レポートいる?

フォロワー:よろしく。

俺:おk

 

 

俺の面白い事したいレーダーがビンビンに反応。

すぐさま神崎さんが働いてるというデリヘルを調べて電話。イクのはやすぎないですか?

 

 

俺『すみません。予約したいんですけど。』

 

電話の人『ご予約ですかー?うち結構人気な子が集まってますので女の子によっては数日から一ヶ月待ってもらう事になるんですよー。誰をご指名ですか?』

 

俺『神崎かおりさんをお願いしたいんですが。』

 

 

電話の人『えっ!!?』

 

 

さすがの俺も電話越しで吹き出してしまったのを覚えています。

結構電話越しで怖い感じの声の人だったんですが、神崎さんという名前を聞いた瞬間めちゃくちゃ声が裏返ってましたからね。

 

 

俺『やっぱり神崎さん予約結構埋まってます?』

 

 

電話の人『いや、いつでも空いてます。』

 

 

そんなこんなで、その日に予約を確定しました。

 

その後も電話の人が、半笑いで

 

神崎さんのファンなんすか?

やっぱり有名なんすか?神崎さん?

 

みたいな感じで話してきて5分くらい雑談してましたね。

 

 

電話を切った後久々のネットでの俺の企画に俺自身もワクワクが止まりませんでした。

 

”風俗”というものを利用したのは、前回の”大魔王編”に続き2回目です。

前回のトラウマを思い出しつつ、ホテルへ向かう俺。

 

デリヘル、というシステムすらよく理解してなかったので事前に電話の人にシステムを教えてもらってたので安心です。

電話の人も俺が神崎さんを指名したという事でノリノリで教えてくれました。

 

 

前回の大魔王の時はバリバリの童貞でしたが、この時俺はすでに脱童貞しており、一つ上の男になっていたのでそこも安心です。

 

ホテルに着いて10分くらいしたら、部屋をノックされました。

 

 

きたwwww

 

しかし、俺はまだ不安がありました。

偽物とかそっくりさんが来るんじゃないかと。

 

 

しかし扉を開けると、そこにはまごう事なき本物の”神崎かおり”がいました。

 

 

俺『おーwwマジで本物の神崎さんだwww』

 

神崎さん『もーww誰が来ると思ったのよーwww』

 

きんもー☆

 

 

ネットで見て、いろんな意味で憧れていた本物の神崎さんが今目の前にいるのです。

 

そしてその神崎さんとこれからおこなわれるであろう事を想像するだけで、さすがの神崎さんでも俺の息子はガッチガチでした。

例えるならポケモントランセルがかたくなるをPP使い切るくらいのガッチガチです。

 

 

神崎さんは名探偵コナンが好きという事は、ファンである俺なら当然知っていたので、

映画コナンの話で盛り上がる。

 

で、ここからは生々しいので省略しますが、結果的に神崎さん、本番させてくれてうれぴっぴ。イクの早すぎないですか?もちゃんと言えたし。

 

 

で、終わった後なんか俺の事気に入ってくれたらしく、明日休みなんでご飯でも行きましょう。との事で、一応LINEを交換してバイバイ。

まぁイケメンである俺なら当然ですね。

 

でも、正直ネットの人を盛り上げるという目的は終了しているので、次の日、普通に行くフリしてLINEブロックして俺の2回目の風俗体験は終わったのです。

 

今思えば神崎さん、普通にいい人でしたし、飯の誘いをブッチしたの申し訳なく思いますね。

 

神崎さんあの時はすみませんでした。この場を借りてお詫び申し上げます。

 

それから月日がたって、”俺は神崎さんとセックスした”という称号を手にした俺は今もこうして日常を送っています。

最高にいい思い出になっています。むしろ俺は神崎さん今も大好きですよ。

ツイッターでたまに生存確認もさせてもらってます。

 

と、まぁこんなかんじで神崎さんとのセックスの話は終了。

 

まとめですが、ネタとして俺は今までいろんな事をやってますが、結果的にマイナスになった事は一度もありません。

むしろ全て自分にとってプラスになっています。

 

さすがに神崎さんとセックスするなどという自殺行為をしろ、とは言いませんが、どんな些細な事でもいいので新しい事に挑戦してみると自分の気持ちが豊かになりますよ。

というお話です。

 

 

前も書きましたが、これで俺の風俗経験3回中、2回は書いたことになります。

3回目も結構面白い話なので、またの機会に書きたいと思います。

 

それではまた次回。

 

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!