俺が俺である理由

結婚して3ヶ月で不倫されて離婚した無職のイケメンが世の中のバカやクズを好き勝手ディスりあげながら人生について考えていくブログ。アニメやゲームなど好きなジャンルについても随時語ります。

↓新しいブログです。2019年8月以降こちらで更新していきます。↓
俺が俺である理由
↑新しいブログです。2019年8月以降こちらで更新していきます。↑

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

依存体質について俺が思う話

どうも、ジスさんです。

 

明日はついに、雇用保険の初の支払日。

めちゃくちゃうれちー。

 

これで当分は無職できそうです。(働け)

 

 

さて今回のテーマは、依存体質について俺が思う話。

ということで早速書いていきましょう。

 

と言っても、まぁ結論自体は前の記事で何回も書いてるんですがね。

まぁ繰り返しになる話も多々あるかもしれませんがそこは勘弁ね。

 

 

 

依存体質とは。

 

簡単に言うなら何かに依存しないと生きていけないという人のこと。

特定のものに依存しないと正常な思考ができなくなるので、俺は病気と同じだと思う。

中毒とはほぼ一緒の意味で使われるけど、ちょっと違うんですけどね。

 

事柄は人によってさまざまです。

 

一番よく聞くのは”恋愛依存体質”。

嫌われないように恋人に尽くす。その結果別れる事になったら、すぐに新しい相手を見つけまた尽くす。その繰り返し。

 

そのほかには、オンラインゲーム依存、ギャンブル依存、アルコール依存、薬物依存。などいろいろ耳にしますよね。

 

 

依存体質にどうしてなるのか。

 

オンラインゲーム依存については、俺が元嫁を実際見てきて思った事を書いたのを以前の記事でまとめてるのでそっちを読んでください。

 

jis-cre.hatenablog.com

 

この記事では、まぁ一番耳にするであろう恋愛依存について書いていきましょうか。まぁ結論は全部一緒なんだけどね。

 

で、どうして恋愛依存体質になるかですが、もう一言。

 

誰かに愛される事で承認欲求を満たしたい。

 

これだけです。

 

承認欲求、というのは誰しもが持っている欲求のひとつです。

 

誰かに認められたい。その気持ちがあるからこそ人は対立し励まし合う。

 

普通に生活していればだいたい承認欲求というのは満たされるのですが、その欲求が強い人は、もしくはその満たされ方に不満のある人は、より多くの欲求を求めます。

 

それが依存に繋がります。

 

求めるということは、相手、もしくは特定の物質ありきの行為です。

自分一人で解決できない、どうしていいかわからない。だから他人に救いの手を求める。

 

恋愛依存体質を例にしてみれば、例えば一人で解決できない事を恋愛する事で逃げてるようなかんじといえばいいのでしょうか。

人間対人間なら尚更わかりやすいですよね。そこに感情と感情でぶつかるわけですから。

 

で、恋愛依存体質の人間は自分の話を聞いてくれる、かまってさえくれれば誰でもいいのでしょーもない相手を選んで、飽きるもしくは飽きられると別れて次を探す。

それを繰り返すわけです。

 

そんな人いるかよって思うでしょ。結構いるんだわ。

恋愛依存に限らず結構いますよ。

 

俺の勝手な考えですが、俺は

 

人間対人間。

つまり恋愛依存など、そこに当事者と他の人間の感情が絡んでくる場合は依存

 

人間対物質。

つまりタバコとかアルコールとか薬物とか、そこに人間の感情が入ってこない場合は中毒

 

という書き方をするようにしてます。正しいかどうかは知らないです。

前の記事などでオンラインゲームに関しては中毒と書いていますが、オンラインゲームに関しては、そこに感情などないからです。

ちょっとこれ書いてて自分でもどう伝えたらいいか難しいな。忘れて。

 

 

何回も記事で書いてますが、人間は一人では生きていけないので、肯定的に考えるなら恋愛依存とかの依存体質の人は自分の感情に素直な人。悪く言うなら考えの甘いただのクソガキ。

 

 

依存体質を直したいなら。

 

これももう何回も書いてますが、他人が例え適切なアドバイスをしたとしても、本人がそれに気づかないなら絶対に直せません。

 

他人が言ったところで言われてる本人にとってはイライラするだけです。

 

本人が直そうとしないと何を言っても聞く耳を持たないので徹底的に無視です。それが一番です。それか余計な事は言わずただ見守る。

人間は失敗から学ぶものですが、何度失敗を繰り返してもわからない人もいます。

本人が失敗に気づくまで優しい気持ちで見守っててあげてください。

 

 

で、本人というのは自分が依存しているのに気づいていない人が多いです。

気づく事さえできれば直そうと思えますが、それが難しい。

 

まずは、その依存している事柄について触れない環境で暮らす事がいいかもしれません。

俺は元々バリッバリのパチンカスでしたが、できる限りパチンコ屋に近づかないようにしてましたね。あとバカバカしいなって思ったのもあるけど。

 

 

なんでこの記事今日書こうとしたかっていうと配信サイトってあるじゃないですか。

あれで顔出して配信してる人ってキモいなぁってずっと思ってたんですが、それを金目的でやってるなら納得できるんですが、あれを慣れ合いでやってる人ってただのかまってちゃんだよなぁって思ったんですよね。

 

不特定の人がかまってくれるから俺モテてる私モテてるって勘違いして依存しちゃうのかなぁって。これは論点が違うか。

 

しかもあぁいうのって恋愛依存っていうかネット依存だし。

 

 

まぁとにかく依存とか中毒ってのは自分が自発的に変わろうと思わないと他人が言っても絶対治らないので、そこだけは覚えておいてください。

 

 

まとめですが、依存って本当にすげえなっていうかパワーあるなって思うんですよ。

依存してる時って人間すげえイキイキしてんだ。

俺もパチンカスだった時普段昼過ぎまで寝るのに、スロット行く時だけは朝きっちり起きて開店前抽選とかバッチリやってたし。

 

依存しなくなってから、見えてくるものってあるんですよね。

人の振り見て我が振り直せって言いますが本当にそれ。

 

依存というものが、その人間の生きる活力になってるなら別に他人事なんで好きにしてくれってかんじですが、それが人間対人間というカテゴリだった場合は感情が入ってくるので誰かを傷つける可能性があるのは注意すべきです。

 

ギャンブル依存やアルコール依存などの人間対物質ってのは基本的にいくら依存しようが苦しめるのは自分だけです。親族とかはまぁ置いといて。

ただ恋愛依存などは人間対人間です。オンラインゲーム依存もそう。オンラインゲームはゲーム内の人間対人間なので。

 

俺的な言い方で言えば中毒より依存はよっぽどやっかいで難しい問題です。

 

 

しかもこんな簡単にネット上で自己表現できる時代です。

何かに依存する人。今後も増えるのは間違いないですよ。

 

怖い怖い。

 

では今回はこのへんで。

 

 

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!