俺が俺である理由

結婚して3ヶ月で不倫されて離婚した無職のイケメンが世の中のバカやクズを好き勝手ディスりあげながら人生について考えていくブログ。アニメやゲームなど好きなジャンルについても随時語ります。

↓新しいブログです。2019年8月以降こちらで更新していきます。↓
俺が俺である理由
↑新しいブログです。2019年8月以降こちらで更新していきます。↑

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

俺の中での最近の気持ち悪い言葉ランキング1位が”パパ活”って話

どうも、ジスさんです。

 

今更ですが、もう一度大学に入って勉強したいなぁとか思ってる俺です。

まぁ大学中退したからこそ改めて思うってやつですね。

 

金さえあればなぁ。

 

 

さて、今回のテーマは俺の中での最近の気持ち悪い言葉ランキング1位が”パパ活”って話

ということで早速書いていきましょう。

 

 

パパ活

 

みなさんはこの言葉をご存知だろうか。

 

 

基本的にキャバクラでは人間関係などで働けない・働きたくないがお金を稼ぎたい若い女性が、キャバクラの同伴のように食事やお茶を共にするなど自らの若い時間を提供する対価として、自らに金銭を与えてくれるなど経済的に援助する裕福な男性を探して行われている活動。行為や行う女性の英名はsugarbaby。

wikipediaより抜粋。

 

 

きんも〜☆

 

ということらしいですよ。

いろいろツッコミどころ満載ですが、今日はパパ活についてボロカス書きたいと思います。

 

パパ活ってのは主にツイッター等を利用して募集してるらしい。

ツイッターで検索してみたらマジで結構出てきました。

 

え?これネタじゃないの?マジなの?

 

 

 

melby.jp

 

とりあえずパパ活で検索して最初に出てきたこの記事読んでみた。

 

 

本当に気持ち悪い。みなさんこれマジでやばいですよ。

 

どこからボロカス書こうかわからないくらい困惑しています。

とりあえず落ち着け俺。

 

 

 

・実際パパ活している女は多いらしい。

 

さっきも書きましたが、ツイッターで実際検索したらパパ活募集してるツイートは結構ありました。ネタかもしれないけど。

 

最近俺が読んだ本で坂爪真吾氏の”未来のセックス年表”という本があります。

坂爪真吾といえば、ホワイトハンズの代表で有名ですよね。

 

急速なAIの発展により、今後の人間のセックス事情がどうなるかの未来を予測しながら書いてる本です。

個人的に言わせてもらうとあの本にも結構ツッコミどころあったんですが、もしかしたらこういう未来が待っているかもしれない。という事を考えさせられる面白い本でした。

興味がある人はぜひ。

 

で、その未来のセックス年表という本でも”パパ活”について書かれている部分があります。

 

著書内で、パパ活をしている女性は、”パパ活”は愛人契約や援助交際のような「仕事」ではなく、「ライフスタイルの一つ」だと主張している。と書かれています。

また、パパ活をしている女性同士の集い、”シュガーベイビーサミット”が2018年にニューヨークで開催されたとの記述もありました。

 

良くも悪くも今後もパパ活する女性の人口は世界中で増えていくだろう。

との事。

 

 

まとめるとパパ活をしてる女の人口は比較的多く、世界中で増えている傾向にあるということです。

 

 

 

パパ活について俺が思う事

 

まず最初に書いたけど援交とやってる事変わらなくないですか?

ライフスタイルの一つって言ってるけど、それ援交してる事を肯定した上で同士増やして盛り上がりたいだけじゃないですか?

 

女ってのは群れるとろくな事がない。

 

これは勝手に思ってる持論ですが、一人じゃ意見を発する事もできない低脳が群れを成す事で一大勢力になるんですよね。同士を増やして盛り上がったらまるで自分の考えてる事が正しいかのようにすごい勢いで攻めてくるんですよ。

そういう女多いんだよな本当に。まぁ男でもいるけど。

 

 

俺から言わせればパパ活=援交ですよ。

 

援交と違ってパパ活は身体の関係はありません!

 

とか言ってるけど、男なんて金払った対価で身体も求めるに決まってるでしょ。

パパ活してます!とかほざいてるブスに、デートするだけで数万円の金出さないでしょ。ちょっと考えればわかるでしょ。絶対言葉巧みに身体要求してくるって。

 

いや、中には身体求めない人もいるかもしれないけど、あくまで一般的な考えね。

俺がもしその立場だったら絶対要求すると思うけどなぁ。

 

援交って聞くと一般的に負のイメージあるじゃないですか。

だからあまり自分から援交してます。って言う女いないですよね。

 

しかしパパ活という文化がここまで根付いてしまってる、しかもあまり負のイメージを持ってない女が多いみたいですよね。

 

ゆえに私パパ活してます。という女が多いんですよ。要はイメージの問題。

 

 

でもパパ活してます。ってのは援交してます。ってのと同じだからね。

普通の人間はそれが理解できるが、集団になったバカな女どもはそれすらも理解できない。

 

こういうバカは一度痛い目に合わないとわからない。

 

 

 

シュガーダディに言いたい事

 

パパ活を援助してる男の事をシュガーダディというらしい。

この名前すらもはや気持ち悪いが、まぁそれは置いといて。

 

 

シュガーダディ側の思考はある程度簡単に推測できます。

 

金はある。しかし嫁もいなければ彼女もいない。モテない。趣味もない。

キャバクラや風俗に行くのはちょっと…。一人ではいたくない。誰か隣にいてほしい。

だったらパパ活している女の子に金を払ってデートしよう。ワンチャンセックスしよう。

 

 

こんなもんだと思います。

男ってのは基本単純ですからね。

 

でも、普通に考えて、そんな得体の知れない女、しかもパパ活してます!っていう謂わば金目当てで近寄ってくる女に金払ってまでデートってしたいもんなんですかね?

 

俺が金もないし、女嫌いなので理解できないだけかもしれないですが。

 

金もあって普通に女の人好きくらいのレベルなら普通に持っている感情なんでしょうか。これに関してはマジでわからない。

 

わからないがゆえに気持ち悪いと思うんですけどね。

 

 

 

パパ活してますとかほざいてる女に言いたい事

 

まぁ言いたい事って書いてるけど気持ち悪いから死ねくらいしか言う事ないんですけど、もうちょっと具体的に。

 

まず最初にパパ活、つまり援交してる事を他人に公表する事ができるんでしょうか。

親、学校の先生、彼氏、旦那等に堂々と言えます?

 

まぁ彼氏や旦那がいるのにやってたら、まごう事なき頭沸いてるやつだから話が違ってくるけどね。

詳しくは俺の過去の不倫されて離婚した記事でも見てくれ。

 

 

親や先生に試しに言ってみてください。

 

親「おおそうか!お前はパパ活をして生計を立ててるのか!立派じゃないか!もっとお金持ちの男に援助してもらって裕福な生活をしなさい!必要とあればセックスもして、もっといっぱいお金を援助してもらいなさい!」

 

って言う親いると思います?

いないでしょ。常識的に考えたらね。

 

まぁ普通は公表できないですよね。

公表できないならひっそりとやってくださいって話。しゃしゃんなよブスって話。

 

 

俺はやってる事はクズだなぁって思うけど、援交って言葉自体は嫌いじゃないんですよ。

 

援交ってやってる事はクズだけど、きちんと世間的に負のイメージがついてます。

一般的に悪い事。という認識があります。

 

 

しかしパパ活って言葉は負のイメージが一般的に定着していない。

やってる事は援交と一緒なのに。

 

つまりパパ活って言葉が納得できないわけ。

なぜ援交と言わず、パパ活っていうちょっと可愛らしい言葉で言うのか。

 

せめて、堂々と援交してます。と言ってほしいものです。

 

 

あと援交、もしくは身体の関係がない事をパパ活と定義して話すなら、やっぱりそういう行動をする事で自分の承認欲求を満たしたいだけなんじゃないですか?って話。

援交をする事で、男の人に必要とされるという承認欲求が満たされるなんてのはよく聞く話です。

 

まぁちょっと考えたら当然ですよね。

簡単に男の人に必要とされ、デートをするだけで金までもらえる。

給料と言い換えるなら、デートをするだけで男がその女に給料という対価を支払う。

 

私を必要としてくれて更に対価でお金までもらえる。

承認欲求は満たされるに決まってます。

 

俺はそんな風に承認欲求を満たす方法は間違ってるんじゃないかとは思うけどね。

ちょっと前に恋愛体質、恋愛依存についての記事書いたけど金というものが発生してる分俺はより悪質だと思うんだけどいかがでしょう。

 

で、そういう承認欲求の満たし方をするやつは、普通に男には見向きもされないようなブス(性格も含む)じゃないですか。

それに反応するシュガーダデイも金はあるけどモテないって事はブサイクか性格が悪いかセックスしたいだけって事じゃないですか。

 

ほら、こんな事してるやつはろくなやつがいない。

そうなるでしょ。

 

俺はシュガーダディだけど性格いいしイケメン、私はパパ活してるけど性格もいいし可愛いわよ!って言う人いるかもしれません。

 

ですが、俺は一般論を述べているだけです。

ぶっちゃけ何かしら欠陥があるよ。人間的に。

 

 

とは言ってもこういつやつらも結局は自分で気づかなければ、治りません。

痛い目にでも合わないと気が済みません。

 

どうぞ、そのまま続けて事件に巻き込まれるか性病にでもかかって死んでいただければ幸い。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

俺の予想ですが、俺はパパ活って言葉はもうすぐ死滅するとは思います。

しかし言葉が死滅するだけで、行動自体は絶対になくならないしもっと増えますよ。

 

5G回線が今後出てきてインターネット時代はますます加速します。数年後にはもっと便利になっていくでしょう。

便利になればなるほど弊害もあるとよく言いますが、このパパ活問題がまさにその弊害のひとつだと思いますよ。

 

パパ活って言葉自体は流行みたいなものなのでなくなるが、援交やパパ活という行動自体は今後ますます増える。

 

これが俺の今回の記事でのまとめです。

あと10年後くらいには、カップルの出会いのきっかけ第1位がインターネットだったりするかもね。

 

まぁどうなろうと俺には関係のない話。

イケメンの俺は高みの見物。

 

ではまた次回。

 

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!