俺が俺である理由

結婚して3ヶ月で不倫されて離婚した無職のイケメンが世の中のバカやクズを好き勝手ディスりあげながら人生について考えていくブログ。アニメやゲームなど好きなジャンルについても随時語ります。

↓新しいブログです。2019年8月以降こちらで更新していきます。↓
俺が俺である理由
↑新しいブログです。2019年8月以降こちらで更新していきます。↑

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

ギャンブル依存症についての話

どうも、ジスさんです。

 

ふと思うと夏服がほとんどない事に気づいた俺です。

裸で外を出歩ける法律、そろそろお願いしてもいいですかね?

 

 

さて、今回のテーマはギャンブル依存症についての話

ということで早速書いていきましょう。

 

まぁ俺のブログを平素から読んでくださってる方はご存知かと思いますが、俺は元神聖のスロッカスでした。

 

寝ても覚めてもスロットの事しか考えてない時期がありました。本当借金しなかったのが考えられないくらい。

 

今回は俺の実体験を交えながらパチンカススロッカスについて書いていきます。

 

この記事は別にパチンカススロッカスを辞めろというものではないです。

自分の人生なんでやりたい事をやるのが一番です。どうなろうが俺も周りの人もどうでもいい事ですし。

 

パチンカススロッカスになる過程

 

大きくわけて2種類にわけられると思ってます。

 

・ふらっと立ち寄って、もしくは友人、彼氏に連れられてたまたま打ってみたら大勝ち。

・ネットなどの動画を見て面白そうという理由。

 

前者はよくあるパターンというかちょっと前まではこのパターンしかなかったです。

ただ、最近はYoutubeなどで人気のYoutuberたちもスロットの動画をあげてたりして、その影響で始める人も多いんだとか。すごい時代です。

 

だいたい始めてのパチンコスロットで勝ってしまったら最後。

次も勝てるかも。という心理が働き、ハマる。

そして抜け出せなくなる。

 

 

パチンカススロッカスになりやすい人の心理

 

基本的に孤独を感じている人が多いです。

ストレス発散目的のひとつとしてする人もいます。

 

そして依存しやすい人。

しかし依存しやすい人。というのは間違いです。

 

前の記事でも書いていますが、パチンコスロットというものは依存するようなシステムになっています。

 

逆を言えば誰でもギャンブル依存症になる可能性があるという事。

 

 

パチンコスロットはなぜ依存するのか

 

ここからが本題です。

パチンコスロットというのは基本的にハマるようにできています。

人間の心理をうまい具合に突いています。

 

人間は”快感”というものを誰しも感じますよね。

快感の感じ方というのは人それぞれですよね。

 

めちゃくちゃ美味いものを食べたり、寝たり、オナニーしたり、セックスしたり。

と、楽しい事をすると人間は快感を感じますよね。

 

パチンコスロットで当たった時というのは、その快感物質が異常なほど放出されます。

快感物質の正式名称はドーパミンと呼ばれるものです。

 

ドーパミンは学習意欲をコントロールする神経として有名ですが、快感をコントロールする神経でもあります。

 

パチンコスロットで当たった時に放出されるドーパミンは異常なほど多いらしく、薬物を使用している時くらいの量が放出されるらしい。

俺は薬物は使った事ないから知らないけど。

 

まぁ仮に薬物使用した時と同じくらいのドーパミンが放出されるならどれほど強力なものか、というのがパチンコスロットやらない人でもわかるんじゃないですかね。

 

そんな大量ドーパミン放出スポットが、街歩いたら至る所にあるんだから。

ハマるのもしょうがない。

 

 

パチンコ店というのは夜でも大量の光量で人間をおもてなししています。

テーマパーク、遊園地のような見た目。

 

なんだか楽しそうな雰囲気です。

 

ふらっと入って打ってみて、当たってしまったら最後。

依存症への第一歩を踏み出すことでしょう。

 

 

また、パチンコスロットは基本的にいつ当たるかわかりません。

1万円負けてしまった。でももしかしたらあと1万使えば当たるかも。という謎の心理が働きます。

結局はだいたい当たらず2万円負ける事になるのですが、依存している人間はなぜか次は当たるだろうという根拠のない自信があり、追加投資してしまうんですよ。

 

 

長期的に見ると負けるようになっているという仕組みを理解する

 

前の記事でも書いていますが、パチンコスロットというのは長期的に見ると負けるようにできています。一般的な遊戯人口の平均の結果という所ね。

 

当たり前の話ですが、パチンコ屋は一般市民に娯楽を提供する優しい団体ではありません。

依存症患者から如何にして金を奪い取るか。これが全てです。

当たり前です。商売なんだから。

長者番付ランキングを見てもわかるとおりパチンコ業界は長者番付に複数ランクインしており、その結果からも依存者は多いという事がわかりますね。

 

 

ただ、スロットには勝てる方法もあります。

 

スロットをやらない人にはちょっと難しい話かもしれないですが、スロットには天井機能というものがあります。(台によってはないものもあります。)

 

天井というのは、この回転数まで回せば必ず当たります。というなかなか当たりが引けない人への救済機能みたいなもんです。

だいたいのお店にはスロット各台にデータカウンターというものがあり、現在のゲーム数を教えてくれます。

 

800回回せば天井に突入する台があったとして、790回転で辞められてる台があったとしたら、あと10回回せば必ず当たるという事。

そういう台(専門的に言うと期待値回収できる台)が空くのをひたすら待ち、空いたら座って当たったらすぐ辞めるを繰り返せば勝てます。

 

たしかに勝てますが、実際はそんな台空いてる事はめったにないです。

空いてたとしても、そんなのを探すのは効率が悪すぎます。

 

まだ日雇いのバイトをした方が効率がいいです。

 

つまりやるだけ無駄だと俺は思いますよ。

パチンコ屋に入って座った時点で負けですよ。って事です。

 

 

パチンコスロット依存症を克服するには

 

毎回俺が依存症を克服するためには、で書いてる事と同じです。

 

自分が辞めたいと思う事しかないです。

周りがいくら声をかけようが、自分が辞める気がないなら他人に何を言われようがやります。

 

自分が辞めたいと思ってからようやく克服するには。がスタートです。

 

まずは情報を目に入れない事。

タバコを吸いに行くだけ。とパチンコ屋に入るのも辞めたほうがいいですよ。

 

大音量と光量であの頃の気持ちが蘇る可能性は大です。

 

あとこれはギャンブル依存だけの話じゃないですが、自分でどうにかするしかないです。いつも誰かが助けてくれるとか、そんな甘い世界ではないです。

 

 

まとめです。

 

これまで記事でたくさんの依存症について書いてきましたね。

世の中にはたくさんの依存症がありますが、中でもギャンブルとオンラインゲームに関しては依存するようなシステムになっているので誰でも依存症になる可能性があるという事。

そこを気をつけて生活したほうが身のためです。

 

まぁギャンブル依存に関しては、俺も過去なってたので現在も苦しんでいる人は可哀想だなぁとは思うけど、オンラインゲーム依存症に関してはさっさと死んでほしいですけどね。

 

周りにもギャンブル依存症は結構多いので、身内でギャンブル依存症を克服したいと思ってる人がいるなら、本当に本人が治したいという意志があるなら側に寄り添ってあげてください。

 

 

おまけ

 

おまけは、どうでもいい俺の過去の思い出話。

俺は3年半前くらいまでスロッカスだったので、スロ歴19年になります。(ゲーセンも含めてね)

 

俺がスロット辞めた理由は2つで、パチンコ屋が勝つという仕組みをその時まで知らなかったというか現実を直視したくなかったという事、純粋に面白いと思う台がなくなったという事です。

 

自分がスロット始めた頃って、スロットブームの時期だったんですよね。

 

獣王とかアラジンAとかコンチ4XのAT時代の真っ只中で、それはそれは面白かったです。そこから長い事打ってたのでそこそこの台ならだいたいわかります。

 

今の台ってまぁ出玉感も低いってのもありますが、純粋にアニメのタイアップとか多いんですよね。

どうせそのアニメ知らないだろってジジババがそのアニメの台打ってるのすげえムカつくんですよね個人的に。

 

昔の台ってスロットオリジナルのキャラクターとかがメインだったしBGMも最高によかったしリール配列、フラッシュ等の演出ですごいわくわくしたものです。

時代の流れではありますが、俺はスロットはシンプルなものが好きですね。

 

というわけで最後に俺が好きな台ベスト5でも紹介して終わろうかな。

 

5位.グランシエル

 

1999年か2000年にアルゼが出した台。

マイナー台ではあるがめちゃくちゃ甘かった。本当甘かった。

通常時も常にBGMがかかってるのがやかましいけどそれも好き。

当時スロット初心者で目押しもかなり下手だったけど、リプレイハズシやボナ中の複合役も簡単でかなり打ち込んだ台。

JAC中の切ないかんじのBGMが最高。

 

www.youtube.com

 

4位.アラジンA

 

サミーが2002年に出した台。

スロットの一日の最大獲得枚数を記録している台。

とにかく荒かった台。

 

トータルだとかなり負けてるけど、アラチャンの曲を聞くためだけに必死に打ってた記憶があります。

アラチャン中の単チェでもう心臓バックバクになるってのは打ってた人ならわかるはず。END後のベットはかなり気合が入ります。

ちなみに俺はSAC400を引いた事が一度だけありますが、 SAC5000とか引いた事ある人は存在するのだろうか。

 

www.youtube.com

 

3位.ジェットセットラジオ

 

2003年にロデオが出した台。

 

原作のゲームが狂おしいほど好きだったってのもありますが、システムが前作の旋風の用心棒とほぼ一緒。という事で旋風の用心棒も結構打ってたので、原作好きの影響でめちゃくちゃ打ち散らかしてた台。

一応万枚経験あり。

 

でも人気なくて俺くらいしか打ってなかった印象。

正直この台の事を語るよりも、原作のゲームについて語りたい欲が高い。

アーカイブスで配信されてるからやった事ない人はやろうぜ。

 

一応BIG中の音楽とAT中の曲貼っとくね。正直ゲームでも聴けるからゲームやろう(大事な事なので)

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

2位.銀河英雄伝説

 

2009年にミズホが出した台。

唯一の5号機からのランクインで鬼のように打った台。

 

GSR中の7が揃いまくる瞬間はそれは脳汁ドバドバでした。

設定も比較的見抜きやすくてシステムがとにかく面白かった最高の台。

1188Gは何度見ても感動する。

 

現在はもう置いてる店はない模様。

近くに置いてたら悪いけどスロッカス復帰しそう。

 

当時好きすぎて無駄に解析の数値小数点以下まで全部覚えてました。

万枚経験は3回。

 

ちなみに銀英伝もアニメめちゃくちゃ面白いからみんなも見ようね。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

1位.コンチ4X

 

2001年にアルゼが出した台。

俺が初めて万枚出した機種でもある。

 

まずBIG中のBGM。特にノーマルBIG中のBGMが大好きです。

スロット史上でもトップを争うほどの曲です。

 

出玉性能も当時の凄さを物語るほど凄まじいものでした。

設定6の割が169%ってほんまかいなって思うけど、まぁ納得できる気がする。

設定6は本当すぐわかるんですよね。

 

まぁ今思えば狂ってたけど本当好きだったなぁ。

 

多分一番打った台だと思います。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

今は絶対無理だろうけど、この時代に戻ったらまたギャンブル依存症増えそう。

 

ではまた。

 

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!