俺が俺である理由

結婚して3ヶ月で不倫されて離婚した無職のイケメンが世の中のバカやクズを好き勝手ディスりあげながら人生について考えていくブログ。アニメやゲームなど好きなジャンルについても随時語ります。

↓新しいブログです。2019年8月以降こちらで更新していきます。↓
俺が俺である理由
↑新しいブログです。2019年8月以降こちらで更新していきます。↑

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

一度与えた悪い印象を覆す事はかなり難しいって話

どうも、ジスさんです。

 

前のトイストーリー4の感想記事書いてから他の人の感想とか見たけどやっぱ批判的な意見が多いんだなぁと感じる今日この頃。

まぁ普通に考えたらそうだよなぁ。

 

でも俺はせっかく観たんだからこそ良い部分を探したい。

映画は自分の心を豊かにするものだと思っている。せっかくだし楽しみたいというのが俺の気持ち。

 

 

まぁ擁護しようのない糞作品も山ほどあるけどね。

 

 

さて今回のテーマは一度与えた悪い印象を覆す事はかなり難しいって話。

ということで早速書いていきましょう。

 

f:id:jis_cre:20190715161158p:plain


 

 

第一印象。

 

皆さんの中にも重要視する人は多いのではないか。

第一印象というのはとても大事だ。

顔がいい、清潔感、オシャレなどで判断する第一印象。

 

人間は第一印象で7割その人を判断する。

 

顔がよく清潔感があればそれだけで得なのだ。

つまりイケメンの俺は得。

 

 

 

しかし第一印象だけでその人を判断するのはいかがなものかと思うのだ。

前から何度か言っているが俺は第一印象はあまり気にせず、その人とコミュニケーションをとり総合的に判断する。

 

見た目ですでにこいつやばいだろって人はたしかに存在する。

しかしその人と話してみると意外に話が面白かったりする事がある。

 

 

第一印象で判断しないゆえに、所謂ギャップ萌えというものを他人に感じる事はない。

 

 

どういうことかと言うと、第一印象で

 

こいつ生理的に無理だわ。

 

って判断する人は結構いる。

会社や学校などでもこいつ生理的に無理とすぐに判断する人がいる。

会社や学校では生理的に無理だと思っていてもどうしても話す機会もあるだろう。

 

そして話して見ると

 

この人生理的に無理と思ってたけど、こういういい部分もあるんだな。

 

って思うのだ。

それが所謂ギャップ萌えというやつだ。

 

 

もちろん逆も存在する。

第一印象はすごくよかったが、いざ話してみるととんでもないやつってのは結構いる。

そういう時には逆にその人の事を嫌な人だと思うだろう。

 

それを感じないという話。

 

 

 

俺は何度も現実世界でコミュニケーションをとる事が大事だとこのブログで発信し続けている。

 

現実世界での第一印象とネット世界での第一印象はもちろん違う。

ネット世界では比較的に他人に悪い印象を持ちやすいと思う。

つまりネット世界での第一印象は悪い印象を持ちやすいということ。

 

SNSなんて所詮はマウントの取り合いだ。

マウントを取り合う人たちを見て第三者はもちろん本人などがいい印象を抱くはずがないのだ。

 

それだけを見てもネットでの関わりは薄いものである。

 

 

 

しかしネット世界ではいい部分もある。

ここではツイッターを例にしよう。

 

ツイッターでは文章から。

つまりその人の性格や考え方から第一印象を判断するのだ。

 

 

 

現実世界では見た目で第一印象を感じ取る。

一方ネット世界では性格、文章の書き方、考え方から第一印象を感じ取る。

 

この違いは面白い。

俺は見た目ではなく中身で判断するので現実世界は見た目で第一印象を感じ取った後、性格や話し方を見る。

 

考え方を変えるならネット世界では最初から俺が重要視する中身をある程度見る事ができる。

 

ゆえにネットはすぐ判断する事ができるのだ。

性格や考え方が俺と合わない人がネット世界ではすぐにわかる。

ゆえに今後その人とは関わらなければいい話。

 

しかし現実世界ではまずコミュニケーションを取る。という関係を持たないといけない。

 

それで合わないと感じたら離れていけばいい話だが、会社や学校といった閉鎖された空間ならそれも難しい。

 

 

ネット世界はその人の性格が最初から見れる。

これはネット世界のいい部分だな、と感じる。

 

 

 

話をタイトルに戻そう。

第一印象がいい印象だった場合というのは比較的覆りやすいと俺は感じる。

 

恋愛に置き換えて考えてみよう。

最初は好きでいい部分しか見えないが、時間が経過するごとに悪い部分を見えてきて不仲になり結果的に別れる。なんてのはよく聞く話だ。

 

会社や学校などの日常生活でもそうだ。

最初は期待されていたが何かトラブルや問題があると一気にその人の評価が下がる。

 

 

 

逆に第一印象が悪かった場合、それをいい印象。つまりギャップ萌えを感じさせるのはかなり難しい。

 

恋愛においてはこれは適用されないだろう。

まず最初に悪い印象があるとその人と付き合う。恋愛する。というビジョンはまず見えないからだ。

 

会社や学校で例にする。

例えばいつも会社で怒っている。

何かあるたびにブチギレてる人がいるとする。

 

その人の第一印象は一般的に考えて悪いだろう。

当たり前だ。いつもキレてる人はやはり近寄りがたい。

 

いつも優しい人が怒ると怖いってのはよく言うが、それは普段優しい人が怒るくらい何か大きな出来事があったんだと想像できる。

 

 

逆に普段から怒っている人がいきなり毎日優しくなったらどのような印象を抱くだろうか。

 

いつも怒ってたのにいきなり優しくなっていったい何を考えているんだろう。

気持ち悪い。不気味。

 

という感情を普通は抱くのではないか。

当たり前の話だ。

 

普段常に怒っていた人がいきなり人が優しくなったところで周りの人は不信感しか抱かないのだ。悪い印象がいい印象になる事はない。元々悪い印象はもっと悪くなる事はごく当たり前なのだ。

 

 

結果、元々悪い印象を持たれた人が、変えようと努力したところで基本的にその悪い印象を覆す事は難しいのだ。

 

俺は何か意識の変化があったのか推測するが、基本的に一般の人間はそう思うという話。

 

 

それだったら最初から良い第一印象を抱かれるように人間は努力すべきだ。

悲しい事に第一印象で人間を判断する人は現代の世の中あまりにも多い。

 

別に今後関わる事がない人ならどう思われようが構わない。

 

しかし今後一緒に働く人、共に勉学に励むクラスメート、今後関係を持つ人なら第一印象は良いに越した事はない、という話。

 

もうすでに悪い印象を持たれている場合は、もう今更良い印象を持たれるようにしようと頑張る必要がない。

割り切るしかないのではないかと俺は思うけどね。

 

 

悪い印象を最初に持たれたのは自分の対応が悪かったんだと自分を悔いて頑張るしかない、と俺は思った話。

 

ではまた。

 

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!